グルメサイト食べログの掲載料を知ってから導入を検討すると良い

飲食店の商売をするときには自分のお店を多くのお客さんに知ってもらう必要があります。広告を出せばいいのですが、雑誌への掲載だと購入してくれる人が限定されるのであまり効果を発揮できないのがデメリットです。できるだけ多くの人に見てもらいたいのならインターネット上にあるグルメサイトを使うといいでしょう。 人気のグルメサイトだと食べログがいいので掲載料を理解して導入するのが理想的です。基本的にプランによって値段が変動するシステムを採用しているため、自分の経営するお店の大きさがどれくらいなのかを把握して選定するのが良いとえいます。今回は利用するにあたってのメリットや注意点を紹介するので、実際にサイトを使ってから後悔しないようにプラン内容を把握しておきましょう。

固定費用だけでなく従量課金制がある

食べログでは掲載料を知って導入するのが理想的です。これは各プランにより利用できる機能に違いがあるので、どこを重視しするのかで選定するのが基本となっています。例えば本格的にサイト上で広告を出したい、フランチャイズ経営である程度お金が使える方はプレミアム10プランSがいいでしょう。 こちらはすべて機能を利用できるサービスで、ウリとなっているのはゴールデンタイム強化といえます。一番利用頻度の高い時間帯に優先的に検索結果を上位に持ってきてもらえるのでお客さんの目に入りやすいです。利用するにあたっての費用は月額料金固定の10万円ですが、別に従量課金制が設けられています。予約人数に応じてディナーなら一人200円、ランチなら100円払うのがルールです。 プレミアム5プランSなら50,000円で、ベーシックなら2,500円となっています。ライトなら10,000円なので毎月のコストを考えて使いましょう。

低予算プランの機能制限について

ベーシックプランやライトプランは少ない負担で広告を出せるサービスですが、機能が限定されるので注意しておきましょう。特にライトプランは一番機能が限定される仕様をしていて、標準検索優先表示機能や近隣店ページバナーが使えないです。前者は検索における露出度のアップが出来るので多くの方にお店を知ってもらえる可能性が高くなるのがメリットといえます。後者は同ジャンルや同エリアのお店に店舗のバナーがでるため、これも露出度アップを期待できるのが魅力です。 少しでも集客したいならこれらの機能は必須となっています。ベーシックプランならプラス15,000円で上記の機能が付属するので、集客を前提に考えるならベーシック以上のプランがおすすめです。ケチりすぎても宣伝にならないのでバランスが大事といえます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加